わりぎれ にじゅーだい おくさま

■色恋体験が豊かで、女性の方の応対に耐性がある男の人

ナルシストというのは、セフレ関係にすべき男の土台の一つです。
可能であれば、色恋の体験が十分で、経験を踏んでいること。
婦人の方の扱いに慣れっこで、瞬時の待遇がやれる。
それで何よりも、女の人格を敬意をあらわすことが可能であるというのが、性的な関係に似つかわしい男児なのです。
ああいうと、身だけの交流なのに、なんでこういう精神的な事案が必然なのか?、と感じるかもしれません。
でも、身だけの関連性だからこそ、そんな要素が必至なのです。
これらがないと、間違いなく肉欲のみの結びつきになりえてしまうのです。
男子の人はそうなっても喜べますが、女子は母性的に、そちらでは十分でない。
その時に限っても、我を必須としてくれるたおやかさを、女子の方は男子の人に望むものなのです。

■テクニックがある人、あるいは営みに対する欲求が豊潤である男の方

セフレ関係として交際するのだから、やっぱり抱くことの手さばきは主要になるでしょう。
見聞き多々ある技術のある人というのが本望ですが、
ああじゃない場合、例を挙げると得るの薄い若い男子でも、男女の営みに対する勉学がうんとあることが、肝要条件になります。
例えると、そいつが知験の浅はかな年下男でも、
恋人関係の間に伴侶がせっせと腕前を磨いていければあれほど下半身の関係に似合う男の人はいません。