ろくじゅーだい ひとつま よそぢ おくさま

■色恋の体験がたっぷりあり、女の人のあしらい方に耐性がある男の人

女を語る人とは怪しい関係にすべき男の原則の一つです。
可能ならば、色恋経験がたっぷりあり、場数を持っていること。
女子の方の扱いに慣れた、一瞬で反応が可能である。
また何よりも、女子の方の人格を大事にすることが可能であるというのが、一線を越えた仲にもってこいな男児なのです。
そういえば、下半身だけの続柄なのに、どうしてまたああした精神的な内容が貴重なのか?、と考えられるかもしれません。
だけど、肉体だけの交友関係だからこそ、こういう要素が主要なのです。
これがなければ、間違いなく肉欲しか付き合いになりえてしまうのです。
男の人はそれであっても結構ですが、婦人は生得的に、これらでは十分でない。
その場限りであっても、本人を重要と扱ってくれるたおやかさを、婦人は男性の方に期待するものです。

■テクニックのある人、ないし交わりに対する勉学がたくさんある人

怪しい関係として付き合いをするのですから、やっぱり性愛行動の上手さは大切になるでしょう。
試作豊潤な技術者というのが手本ですが、
こうじゃない場合、一例を挙げると芸の肥やしの深くない若い男子でも、Hに対する志がたっぷりあることが、須要条件になります。
一例を挙げると、パートナーがキャリアの厚くない年下の男の人でも、
交友している間に片棒がコツコツ腕のほどを磨けばそれほどまで下半身の関係ににつく男の人はいません。