よんじゅーだい ひとづま いめぷれ

■恋の経験がたっぷりあり、婦人の方の処遇に耐性のある男子の方

女を語る人というのは、セフレ関係にすべき男子の基盤の一つです。
できるだけ、色恋経験がたっぷりあり、場数を持っていること。
婦人の方の扱いに慣れっこで、瞬時に取り扱いができるもの。
それで何をおいても、彼女の人格を重んじることがやれるというのが、性的な関係に正しい男児なのです。
こうなると、オトナの関係性なのに、なしてああした精神的な事項が大切なのか?、と感じるかもしれません。
とはいっても、オトナのかかわりだからこそ、こうした要素が必至なのです。
それがなければ、間違いなく肉欲ばかりしかない結びつきになっていってしまいます。
男子はそうであっても本望ですが、女性の方は本望的に、あちらでは本望ではない。
その時限定でも、我を必須としてくれるたおやかさを、女性の人は男子に要求するものです。

■技術者、でなけれは男女の営みに対する知識欲が豊潤である男の人

性的な関係として付き合うのだから、つまるところ営みの技は主要になるでしょう。
芸の肥やし豊かな技術がある者というのが願望ですが、
そうでないとき、例をいうと試しの厚くない若い男子の方でも、営みに対する志が豊富なことが、主要条件になります。
例を挙げると、あいつが得るの薄い年下の男の人でも、
付き合いをしている間に伴侶が続けて技を磨き上げればそれほど大人の関係に好適な男子はいません。