よそぢ ひとつま とうろくなし であえるさいと

■色恋の体験がたっぷりあり、女子の方の扱い方に耐性がある男性の人

ナルシストというのも、セフレ関係にすべき人の土台です。
可能な限り、恋の経験がうんとあり、経験を踏んでいること。
女の人の扱いにこなれ感があって、一瞬の取り扱いが可能である。
そして第一に、女の人格を敬意をあらわすことがやれるのが、セフレ関係にもってこいな男性の方なのです。
そういえば、下半身だけの繋がりなのに、何故にそういう精神的な事項が主要なのか?、と思うかもしれない。
だけども、Hだけの交流だからこそ、ああした要素が貴重なのです。
これらがないと、優に肉欲のみの続柄にそうなってしまうのです。
男子はだけども満たされるが、女の人は母性的に、こちらでは十分でない。
その場限りでも、自らを重要と扱ってくれるしなやかさを、女は男性の人に望むものなのです。

■技術のある者、他には性交に対する勉強が十分ある男性の方

セフレ関係として交際するのですから、つまるところ男女の営みの技術は須要になるでしょう。
芸の肥やし多い技術のある者というのが本望ですが、
ああではない場合、一例を挙げると得るの深くない若い男性の方でも、床入りに対する向学がたくさんなことが、重要条件になります。
一つ取り上げると、相棒が試作の愚直な年下の男の人でも、
付き合いをしている間に相棒がコツコツ技をぴかぴかにしていければあちらほど性的な関係に妥当な男性の人はいません。