むりょうで あい えすおとこ

セフレに適している素敵な男性とは、どんな特徴を持った人であれば失敗しないのでしょうか。
ルックスの好みも当たり前に優先したいところですが、
相手の性質によっては、長く付き合えるセフレの素敵な男性と、避けるべき相手にわかれることに注意してください。
となると、どこに意識を向けて評価すれば価値のある人と出会えるのでしょうか。
ここからはセフレにした方が良い素敵な男性の選び方についてお伝えしますので、いざという時のチェックポイントにして良い相手と巡り合いましょう。

■心理的に純真で、仕事でもプライベートでも自分自身で判断できる男の人

最初から完全にセフレという約束でお付き合いしているのに、相手側が思い違いをして、
結婚を前提とした関係を要求することが実状としては珍しくありません。
初めの段階で、肉体関係以外は求めない、という承諾を間違いなくしていたとしても、そんなトラブルになる前例もあります。
どうやって、こういった食い違いが起きてしまうのか。
どうしてかというと、相手側の男性自身が、根本的に未熟だという点が関係しています。
逆転させて考えると、セフレとして付き合いたい仲間として欠かすことのできない前提となる条件が、振る舞いが成熟している大人といえること、といって良いでしょう。
あくまでも余計な拘りの無いつながりを創造し、それそのものをキープしたいのであれば、
相手に、稚拙な性質があったら良い結果につながりにくいです。
それに、心の中が大人とされていて自立しているのは当然として、収入の方も独り立ちできているのかという点も、考慮すべきポイントと言えるのです。
例を挙げると、フレッシュな青少年を、年下と付き合いたいからという要素のみでセフレにした結果、
経済的なサポートをお願いされてしまうことになりかねないのです。
そうなると、限りなくセフレの関係性を続けるというのは難易度が高いでしょう。