まだむ じょしだいせい

■色恋の経験が多量で、彼女の取り扱いにこなれ感のある男子

女権論者というのも、怪しい関係にすべき男子の人の原則です。
可能ならば、恋の経験が多くて、体験していること。
女子の方の扱いにこなれていて、一瞬の取り扱いが可能である。
そうして第一に、女の方の人格を重んじることがするのが、下半身の関係に正しい男なのです。
そういった、オトナの関係性なのに、どういうわけでこんな精神的な中身が重要なのか?、と考えるかもしれません。
だからと言って、下半身だけの繋がりだからこそ、このような要素が貴重なのです。
こちらがないと、優に肉欲ばかりのかかわりになりえてしまいます。
男の方はそうであっても満たされますが、婦人は野性的に、こちらでは十分ではありません。
その場限定でも、俺を肝要と扱ってくれる紳士的さを、女子は男子の方に要求するものです。

■技術のある者、それか性交に対する志が多量である男児

一線を越えた仲として人付き合いするのですから、つまるところ性愛行動の腕のほどは必要になるでしょう。
得るふんだんな技術がある人というのが模範ですが、
ああでない場合、一例を挙げると試作の厚くない若い男でも、抱くことに対する向学が豊富なことが、必然条件になります。
例を挙げると、先方が体験の深くない年下男子の人でも、
交際している間に相棒が徐々に力をぴかぴかにしていければこれほどまで大人の関係にかっこうな男性の方はいません。