ふりん かんれき おくさま

女子として生まれて「女」として日常を送っているとセックスフレンドが居たら寂しさを紛らわせるのに…なんて思う事はほとんどの女性があることでしょう。
ルールとして自分が1番でありたいなどをどちらも求めちゃダメ、寂しい時にHできる、文句などは決して言わない。
そんな感じのメリットがある彼。
実は私も長きにわたり会いたい時だけ会っていた体だけの相手がいたんですよ。
この関係を発展させることをどちらも口に出さず、側にいるととても満足感があった。
落ち込んだ時、悩みがある時、一人で居たくない時頼りになった男の人でした。
やはりセフレという関係は一緒に居て気が休まるかもしれないです。
彼氏彼女の関係ではなく、完全に欲求をみたしてくれる相手。ですから、詮索しないというような事が大事です。
けれども、大抵の女性は一夜を共にした相手に対し特別な感情を抱くパターンが実は多いです。
セックスフレンドに本気になってしまった、と納得することはかなりつらいのです。
けれども、いつのまにか頭の中から彼が離れなくなっていた…そのようなケースの女性は多いと思います。
将来的に長年欲求をみたしてくれる関係、そう思っていた男性とパートナーとしてお付き合いすることはすごく厳しく思うんですよね。
という訳で都合の良い男性を彼氏にするにはどうすればいいのか、いくつか考えてみました。

■私たちは相性がぴったりだと思わない?

自分たちの結びつきが恋人のように変わらないと思ったら、
「私とあなたってすごい相性抜群だよね」「むしろなんで今までお付き合いしなかったのか不思議だよね?」というふうになんとなく関係性について言及してください。
相手の男性も同様に思っていたら「じゃ付き合おっか?」なんて返事が返ってくるかもしれませんね。
それとまた上目遣いの笑みでふざけあいながら言う事。これが重要です。

■一か八かで聞いてみましょう

正直に「ずっとあなたのこと男性として良いなって思ってるの。あなたは私に対してどう考えている?」と聞いてみるのです。
仮に男性が微妙な表情だったら交際に至ることは期待できないと思います。
そこで男性のリアクションが好意的だとしたらよかったら交際してみない?と申し出てみると、ほぼ確実に上手くいくでしょう。