ふぇらしてくれる さくらなし であいけい さいと

長い間「女」であり続けているとお互いのプライベートに踏み込まないセフレが欲しくてたまらない…と頭をよぎったことは誰もが一度くらいありますよね。
可能な限りそれ以上の関係は双方とも期待しちゃダメ、寂しい時に必要として、この関係が崩れるようなことは口にしてはいけない。
そのようなデメリットがない仲。
実は私にも最近まで長い間、続いたセックス相手がいたのですが…。
この関係を壊すようなことはどちらとも言わないように心掛け、この男性と一緒にいると自分が自分でいられた。
仕事の面でへこんだ時不安になった時とても頼りになる相手でしたね。
実際に都合の良い相手とは一緒に居てリラックスするのかもしれません。
夫ではなく、単純に体だけの関係。この場合は、期待しないような関係を維持する大前提ですね。
だけどね、実際女の実態は抱かれた方に対し恋に落ちてしまうこともあるでしょう。
エッチするだけの相手に恋心を抱いた、と受け入れる事は難しいでしょう。
でもね、いつのまに好きになっていた…という経験をしたガールズはとても多いです。
けれども、これまでずっとエッチするだけの関係、そう思っていた彼と堂々と恋愛するということはちょっと困難に思うものです。
なんとかしてエッチするだけの相手が振り向いてくれるにはどうすべきかと考えてみます。

■私たち二人って相性抜群だと思うの

お互いの仲がカップルと変わらないと感じていたら、
「あたしたちって相性抜群だよね」「むしろなぜ付き合わなかったのか不思議と思わない?」という感じでそれとなく関係性について触れてみてください。
その男性もそのように考えていると「じゃ付き合おうよ?」という答えが返ってくるかもしれません。
またストレートにではなく冗談みたいに軽く言うことが重要ですよ。

■勇気を出して確認してみよう

思い切って「私ね、ずっとあなたのこと恋愛対象として良いなって思ってたの。私自身をどういうふうに思っている?」と確認してみてもいいでしょう。
仮に彼がひきつった笑顔だとすると交際まで持っていくことは期待できないでしょう。
言った時の彼からの返答が良いのであればまずは付き合ってみる?と提案してみると、ほとんど良い結果に終わります。