ふぃりぴんじん みそぢ じゅくじょ

■愛の体験が多くて、女のあしらい方に把握している男の人

女を語る人というのも、怪しい関係にすべき男子の条件です。
可能なら、愛の体験が多々あって、体験していること。
女の方の扱いに把握していて、その場に応じて措置がやれる。
それで何をおいても、女子の方の人格を感嘆することが可能なことが、性的な関係に適切な男の人なのです。
こういうと、秘密のかかわりなのに、なんでこんな精神的な要因が大事なのか?、と考えるかもしれない。
けれども、一千を超えた繋がりだからこそ、あんな要素が大事なのです。
これがなければ、十分に肉欲以外にない関係性になっていってしまうのです。
男性の方はあれでも本望ですが、女性の人は野性的に、あちらでは満足できない。
その時限定でも、己を必須としてくれる気立ての良さを、女性の方は男の人に要求するものです。

■技術者、あるいは営みに対する遊び心が多量である男の方

性的な関係としてお付き合いするのですから、結局のところ性行為の方法は必須になるでしょう。
試し豊潤な技術のある人というのが夢ですが、
こうではない場合、一つ言えば味わいの高くない若い男子の人でも、性交渉に対する気になる心がふんだんなことが、主要条件になります。
例を挙げると、パートナーが得るの広くない年下男の方でも、
お付き合いしている間に片棒がぐんぐん力をぴかぴかにすればそれほどまでセックスフレンド関係に似つかわしい男子はいません。