ぱぱ とうろくなし

■愛の経験が豊潤で、女性の人の使い方に慣れた男性の方

フェミニストとは、一線を越えた仲にすべき男子の方の原則です。
可能なら、恋愛体験がふんだんで、経験を持っていること。
女性の人の扱いに免疫があって、瞬時のもてなしが可能である。
また何をおいても、女の人の人格を感嘆することがすることが、セックスフレンドに合った男の人なのです。
さも、人身だけの付き合いなのに、どういうわけでこうした精神的な理由が重要なのか?、と感じられるかもしれません。
だけれど、セックスだけの交友関係だからこそ、あんな要素が必然なのです。
これがなければ、すっかりと肉欲のみしかない関係性になりえてしまうのです。
男子の人はそうだとしても満たされますが、女の人は生理的に、あれらでは本望ではありません。
その場に限っても、自家を大事に扱ってくれる心優しさを、女は男子の方に望むものです。

■テクニックがある者、他に交わりに対する欲求がうんとある男の方

セックスフレンドとして交際するのだから、つまり性行為の上手さは肝要になるでしょう。
体験十分な技術のある人というのが願いですが、
ああではない場合、例を挙げれば試作の薄っぺらい若い男児でも、男女の営みに対する勉学がたっぷりあることが、須要条件になります。
例えると、相手方が試作の高くない年下男子の人でも、
お付き合いしている間に協力者がせっせと力を磨き上げていってくれればそちらほど下半身の関係に妥当な男の人はいません。