ぱぱ であいぼしゅうけいじばん

■恋の体験が豊かで、女性の方の処遇にこなれ感のある人

フェミニストというのは、一線を越えた仲にすべき男児の前提の一つです。
可能なら、恋の経験が十分で、場数があること。
女の扱いに耐性のあって、場に応じてあしらいができる。
そして何をおいても、女性の人の人格を大切にすることがすることができることが、怪しい関係にふさわしい男の方なのです。
ああいえば、肉体だけの関連性なのに、どういうわけでこうした精神的な成分が必至なのか?、と考えるかもしれません。
とはいえ、オトナの結びつきだからこそ、そんな要素が必至なのです。
あれがないと、間違いなく肉欲ばかりしかない交流になってしまう。
男子の方はそうだとしても喜べますが、彼女は頭脳的に、それらでは喜べません。
その時限定でも、自家を肝要と扱ってくれる親切さを、彼女は男性の人に期待するものなのです。

■技術者、また床入りに対する気になる心が多量である男

怪しい関係としてお付き合いするのですから、結局床入りの手さばきは大事になるでしょう。
試作たっぷりあるテクニックのある人というのが手本ですが、
そうでないとき、例をいえば得るの高くない若い人でも、性行為に対する勉学がうんとあることが、大事な条件になります。
例をいうと、この人が見聞きの狭い年下男子でも、
お付き合いしている間に協力者がぐんぐん力を磨けばあれほど性的な関係に似合う男の方はいません。