ぱぱ さんじゅーだい ひとづま

■愛の経験が多量で、婦人の方の待遇に把握している男の方

女を語る人とは肉体関係にすべき人の土台の一つです。
できることなら、色恋の体験が多々あって、場数を持っていること。
彼女の扱いにつかんでいて、瞬時に措置が可能であること。
それで何をおいても、婦人の人格を感化することがすることが、性的な関係に適合した男の人なのです。
こういうと、下半身だけの関係性なのに、何故このような精神的な事由が主要なのか?、と考えられるかもしれません。
とはいっても、身だけの付き合いだからこそ、こんな要素が肝要なのです。
それがなければ、絶対に肉欲しかない交流になりえてしまう。
男はこうなっても本望だが、女性の人は本有的に、こうでは本望ではありません。
その場限りであっても、私を重要としてくれる優美さを、婦人は男子の人に期待するものです。

■技術のある者、ないし性愛行動に対する遊び心が多量である男の方

肉体関係として交際するのだから、やっぱり抱くことの手さばきは必至になるでしょう。
試作多い技術がある方というのが鑑ですが、
そうでないとき、例をいえば芸の肥やしの狭い若い男の方でも、性愛行動に対する勉学が多々あることが、重要条件になります。
例を挙げれば、その人が見聞きの浅はかな年下男子の人でも、
人付き合いする間に配偶者が徐々に腕のほどをぴかぴかにしていってくれればそれほどまで大人の関係に適合な人はいません。