ななじゅーだい じゅくじょ とうろくなし であえる けいじばん

■色恋経験がうんとあり、女の処遇に免疫がある男子の人

ナルシストとは、性的な関係にすべき男の人の前提です。
可能なだけ、恋の経験が十分で、体験していること。
婦人の扱いに耐性のあって、瞬時にお構いがやれる。
そうして何をおいても、婦人の人格を重んじることがやれるというのが、肉体関係に合った男子なのです。
こういえば、秘密の付き合いなのに、なぜまたこんな精神的な事由が必然なのか?、と感じられるかもしれません。
だけれど、セックスだけの付き合いだからこそ、あのような要素が貴重なのです。
これがないと、すっかりと肉欲ばかりの関連にそうなってしまいます。
男の方はこうであっても本望ですが、彼女は生理的に、こうでは十分ではありません。
その時に限っていても、俺を必須としてくれる優美さを、女子の方は男に期待するものなのです。

■技術がある人、また性行為に対する知識欲が十分ある男性の方

セックスフレンドとして恋人関係になるのですから、つまるところ性交の腕前は大事になるでしょう。
得るふんだんな技術がある人というのが望みですが、
ああでない場合、例を挙げれば得るの愚直な若い男の人でも、性愛行動に対する欲求が多量なことが、不可欠な条件になります。
一つ言えば、この人が試作の広くない年下男子の方でも、
付き合う間にカップルがぐんぐん上手さを磨いていけばあれほど怪しい関係に適合な男児はいません。