とうろくなし であいぼしゅうけいじばん せっくす できる

■恋愛経験が豊かで、女子の方の取り扱いに把握している人

女を語る人というのは、大人の関係にすべき男子の人の前提です。
できることなら、色恋の経験が多々あって、体験を踏んでいること。
女性の方の扱いにつかんでいて、一瞬に待遇ができるもの。
そして第一に、婦人の方の人格を感嘆することがすることが、秘密の関係に相応な男性の方なのです。
こういえば、Hだけの結びつきなのに、なしてそういう精神的な中身が肝要なのか?、と思われるかもしれない。
でも、Hだけの関連性だからこそ、こうした要素が必然なのです。
それらがないと、ふつに肉欲しか繋がりになってしまうのです。
男性の人はそうなっても十分だが、女性の人は先天的に、こちらでは喜べません。
その場に限っても、僕を必須としてくれる紳士的さを、婦人の方は男性の人に要望するものなのです。

■技術がある人、ないし性交に対する捜索心がふんだんな男子の人

秘密の関係として恋人関係になるのですから、結局のところ営みの技は必要になるでしょう。
試作多量な技術がある人というのが欲求ですが、
ああではない場合、例えると試作の高くない若い男子の方でも、性行為に対する捜索心が十分なことが、不可欠な条件になります。
例を挙げれば、先方がキャリアの愚直な年下男子の方でも、
お付き合いしている間にカップルが徐々に技を磨き上げていければこれらほどセックスフレンド関係に合う男はいません。