であえる いそぢ おくさま

■色恋の体験がうんとあり、婦人の方の待遇に耐性のある男子の方

ナルシストとは、下半身の関係にすべき男の人の土台の一つです。
もしできれば、恋の経験が多量で、体験があること。
女子の方の扱いにこなれ感があって、その場に応じてもてなしがする。
そうして何をおいても、女子の方の人格を尊むことがやれるというのが、大人の関係に妥当な男子の方なのです。
ああいうと、セックスだけの関連なのに、どういう理由でああした精神的な事案が必至なのか?、と考えるかもしれません。
それでもなお、一千を超えた結びつきだからこそ、こういう要素が主要なのです。
これがなければ、全部に肉欲以外にない交友関係にそうなってしまうのです。
男はこうなっても本望だが、女子の方は本有的に、あれでは本望ではない。
その場限定でも、自家を必要としてくれる親切さを、女は男に期待するものなのです。

■テクニックがある者、その他性愛行動に対する追及心が豊富である男児

下半身の関係として異性交遊するのですから、確かに交わりの方法は必要不可欠になるでしょう。
場数多いテクニックがある人というのが鑑ですが、
こうでない場合、一例を挙げると味わいの厚くない若い男子でも、性交に対する向学が多々あることが、主要条件になります。
例をいえば、相棒が試作の高くない年下男児でも、
人付き合いする間に片棒がせっせと上手さを磨いていければこれほどまで下半身の関係ににつく男児はいません。