であえるけいじばん であいさいと

■親しい彼との付き合いたいか迷っている場合は敢えて彼の部屋以外で性的行為抜きの健康的なデートプランを実行してみる

心の底から自分自身がその彼と強く交際したいと心から思っているのであれば性的行為抜きでもその日一日を楽しめるはずです。
セフレ止まりか次のステップに進みたいか迷ったらあえて密室空間から出てテーマパークに行ったり、世間一般の交際しているカップルがするような良くある二人で楽しめるお出かけデートを体を動かすことを楽しんでみましょう。
お互いにデートを満喫している中で二人の間に彼氏彼女として交際しているのとなんら変わらないんじゃないか、というムードになったら意中の相手へのアピールをさり気なく始めてみてください。
一緒の時間を居心地が良いと感じなかったら……その意中の彼とは体だけの関係としてお互いに納得して付き合うのが妥当かもしれません。

■もしかするとステディな彼女いないの?

彼のことを恋心を抱いたとしても、もう他に伴侶やお目当ての女がいたら計画はおじゃんです。
モバイルフォンをコッソリ見るなり、直に彼に好意を持っている人はいるの?と聞くだけ聞いてみたりして、彼の周りに他にフラグが立っている女性の影が見え隠れしていないかちゃんと確認しましょう。
ダメージを受けてからじゃ手遅れなんです!図らずも出来た傷は早めに対処することで周りのサポートがあれば乗り越えられます。
ただのセフレとして大人な付き合い方を保ち続けていれば、いつの間にやら彼女としての立場が満を持してあなたに順番として回ってくることだって無いとはいえません。
引き返せないほど深く傷を受けて完全に彼から離れてしまうより、受けたダメージが小さいうちにその心惹かれた彼とは焦らずゆっくりと関係を続けた方が勝てる見込みはあります!
余談ですが体験は人それぞれですが、筆者の付き合っていたセフレの一人は下半身のダラシナイ人で筆者以外に同時進行で付き合っていたセフレが3人以上いるというとんでもない遊び人でもったため、
こんな生活を送っている人に心を寄せてしまったらどう考えてもトラウマになる!と理性が訴えてきたので、気持ちを全て明け渡してしまう位本気で彼のことを愛してしまう前にそのプレイボーイの彼とはセフレの関係を終わらせました。
あまりにプレイボーイ過ぎる人に恋愛感情を抱いてしまったら色々な意味でつらいですが、
あなたとその彼とが交際するチャンスは時と場合によっては無いわけではないのです。
エッチするだけの付き合いの人が永続的な関係を結べる想い人であるよう全身全霊で願っています!