たたで せっくすできる れず

■色恋経験が多々あって、女子のあしらい方につかんでいる男子の人

フェミニストというのは、セフレにするべき男の方の土台です。
可能であれば、恋の経験が多量で、体験を踏んでいること。
女子の扱いにこなれていて、その場で受け答えができる。
そうして何をおいても、婦人の方の人格を感心することができるということが、秘密の関係に似つかわしい男子なのです。
さも、秘密の交友関係なのに、なぜまたああした精神的な成分が大切なのか?、と感じられるかもしれない。
とはいえ、Hだけの続柄だからこそ、こうした要素が必然なのです。
これがないと、全部に肉欲のみの関連になってしまう。
男性の人はそうだとしても本望ですが、女の方は先天的に、あれらでは本望ではない。
その場限定でも、我を主要としてくれるたおやかさを、女の人は人に望むものです。

■テクニックがある者、そしてまた男女の営みに対する追及心が多い男児

セックスフレンド関係として付き合うのだから、確かにHの腕前は必須になるでしょう。
場数多々あるテクニックのある者というのが望みですが、
こうではない場合、例えると見聞きの浅はかな若い男性の方でも、床入りに対する向学がうんとあることが、大切な条件になります。
例をいえば、相方が芸の肥やしの厚くない年下の男性の方でも、
付き合いをしている間に相棒がいつまでも力を磨けばそちらほど下半身の関係ににつく男子の方はいません。