せっくす したい あめりかじん

長い間「女」であれば性欲を満たしてくれる相手が居ると満たされるのに…なんて思ったことは男性のみならず女性でも経験済みだと思います。
理想としてはそれ以上の関係は両者とも求めちゃダメ、ここぞという時に頼れて、厄介になる事は言ってはいけない。
そのような都合よく扱える関係。
実をいうと私にも数年前まで長年、一緒にいた都合のいいセフレがいたんですよ。
あとあと面倒くさくなることは双方とも口に出さないように心掛け、隣にいると自分が自分でいられた。
ブルーな時、へこんでいた時、つらい時頼りになった方でした。
当然セフレという関係は一緒に居て気が休まるかもしれないですね。
本命ではなく、単にエッチするだけの男性。なので、相手のプライベートに介入しないという気持ちが大事ですよね。
だけどね、大多数の女という人間は大人の関係になった男に対しセフレ以上になりたいと思うパターンは実はあります。
体だけの関係の相手に本気になった、そう受け入れる事は難しいでしょう。
だけど、いつのまに情が入ってしまった…そのようなガールズは多いにちがいありません。
しかし、長期間セックスするだけの関係、そう思っていた相手と遊びじゃなく恋人関係になることはものすごく面倒だと思われます。
願わくば欲求をみたしてくれる相手と恋人になるには何と言ったら効果的か、いくつか挙げます。

■あなたと私ってすごい相性抜群だと思うよ

この距離感がカップルと変わらなければ
「あなたと私って相性ぴったりだよね」「なぜ今まで付き合わなかったのか不思議だよね?」などそれとなく関係性について言及してみてください。
その男性もあなたと同じことを考えていると「じゃ付き合ってみる?」なんて返事が返ってくるかもしれません。
注意点は上目遣いの笑みで冗談みたいに言う事。この方法が大切なんです。

■覚悟を決めて確認してみる

率直に「私ずっとあなたのこと一人の男として意識してて、良いなって思ってたの。私についてどういうふうに思っている?」と確認してもいいでしょう。
もしも男性の表情があいまいだった場合交際に至ることは難しいかも。
その瞬間の彼の返答が好意的だとしたら私たち付き合ってみる?というセリフを言うことでほとんど良い結果に終わります。