せっくすが できる せっくすふれんどぼしゅう

これまで「女」としてやっていると体目的の相手が居てもいいよね…なんて願ったことはみんなあることです。
可能な限り自分が1番でありたいなどを互いに求めないこと、寂しい時に抱いてくれて、あとあと面倒くさくなることは口に出さない。
とても良いとこどりの関係。
実は筆者自身数年前まで長年、寂しい時だけ会っていた都合のいいセフレがおりまして…。
それ以上求める事を互いに口に出さないようにしていて、側にいると心地よかった。
落ち込んだ時、誰かに聞いてほしい時、不安な時頼りになった方でした。
言わずもがな性欲を満たしてくれる相手とは一緒に居て満足するのかもしれませんね。
本命ではなく、単純に都合の良い男性。ですから、お互いのプライベートを知りたがらないというような事が大事です。
だけど、大多数の女性の心のうちではセックスという行為をした男に対し彼女になりたいと思うケースが実際あるものです。
都合の良い相手と付き合いたいと思った、そう納得する事はかなりつらいのです。
でも、ある日突然相手の事しか考えられなくなっていた…そんなパターンの妻は本当に多いです。
でもね、長きにわたり欲求をみたしてくれる関係、そう思っていた男性と遊び抜きで向き合う割と難しく思われます。
可能な限りセックスフレンドに付き合いたいと思わせるには何をしたらいいのかと作戦を考えてみました。

■私たちはかなり相性がぴったりだと思うの

お二人の関わりが交際中の男女と変わらなければ
「私とあなたってかなり相性良いよね」「逆になんで今まで付き合わなかったのかが不思議だよ」というようにそれとなく関係性について言及してみるのです。
そのお相手も同様の事を思っていたら「じゃ付き合ってみる?」という返答が聞けるかも。
そして重くならずふざけながら言う事。この方法が重要なんです。

■ストレートに聞く

単刀直入に「私ね、ずっとあなたのことすごい良いなぁって思ってたんだけど私自身をどう思う?」と聞いてみるのです。
もしも彼の表情が微妙になると恋愛関係になることは難しいかもしれません。
その時の彼の返答が良ければ一度お付き合いしよ?というセリフを言うと結構な確率で良い結果に終わります。