さんじゅーだい ひとつま いそぢ ひとづま

セフレに適している異性とは、どういう感じの人であるべきなのでしょうか。
自分の理想も実のところはあるでしょうが、
相手の性質によっては、セフレにした方が良い男性といえる方と、上手くはいかない相手にわかれるのです。
そうだとすると、どこを観察して分別すれば良い相手に出会えるのでしょうか。
ここで相性の良いセフレの男性といえる方の要点についてお伝えしますので、考慮して頂きたいと思います。

■物腰が余裕を感じさせて、一つ残らず独立できているパートナー

自分は最初から最後までセフレという取り決めでお付き合いしているのに、相手の人が態度を変えて、
恋愛の関係になることを求められてしまうことが実を言うと珍しくありません。
関係が始まった時に、恋愛関係ではない、というルール作りを間違いなくしていたとしても、そのような困ったことになるケースが多いのです。
どのような原因があって、これらの誤解が生じてしまうか分かりますか?
これは、先方の男の人が、自立した人間として成熟できていないからです。
すなわち、セフレにしたいパートナーとして本質的な前提が、心理的に完成した自信に満ちた大人であること、といって良いでしょう。
徹底的に割り切りの良い関係を達成し、それそのものを続けるためには、
相手サイドに、子供じみた要素があるとうまくいかないことが多いです。
かつ、内的に大人であると自負して自立できているだけに留まらず、金銭面で余裕を持っていることも、外せないポイントと言えるのは間違いありません。
例えばの話、フレッシュな20代くらいの男性を、愛おしいという偏った価値観でセフレとして選ぶと、
金銭に関わるアシストを期待されてしまうことになりがちです。
結果として、ずっとお付き合いを続けていくのはむずかしいでしょう。