さかさぽ やりまん

■愛の経験がふんだんで、彼女のコントロールにこなれ感のある男の人

女を語る人というのも、セフレ関係にすべき男子の方の原則です。
可能なだけ、色恋体験が十分で、体験していること。
女子の扱いに把握していて、瞬時のあしらいが可能であること。
それで何をおいても、彼女の人格を大切にすることができるものが、怪しい関係に適合した男の方なのです。
そうなると、身だけのかかわりなのに、どうしてまたあんな精神的な事由が必然なのか?、と思うかもしれません。
だからと言って、身だけの付き合いだからこそ、あんな要素が重要なのです。
そちらがないと、申し分なく肉欲しかない続柄になっていってしまいます。
男子の方はあれでも喜べますが、女子は野性的に、こうでは満たされません。
その時に限っても、自己を大切に扱ってくれる優美さを、女子の方は男の方に望むものです。

■技術のある人、でなけれは男女の営みに対する志がたっぷりある人

セックスフレンドとして交際するのですから、やっぱり抱くことの手法は必至になるでしょう。
試したくさんのテクニックのある者というのが本望ですが、
ああじゃない場合、例を挙げればキャリアの薄い若い男子の人でも、性交渉に対する勉強がたくさんなことが、須要条件になります。
例を挙げると、あの人が得るの低い年下の男性の人でも、
恋人関係の間に相棒がとっとと技術をぴかぴかにすればあちらほど怪しい関係に似合う男の方はいません。