ぎゃくえん いそぢ ひとづま

■焼酎が大好きだと言っている彼

アルコール類が苦手で下戸な人と酒を飲んでいない時に密会の約束をしていて、毎回毎回セックスだけをするのは案外嫌なんです。
つまらなく感じたり、後ろめたい気持ちになったりと、心から楽しく感じなくなってしまいます。
なんといっても男性と一旦好きなお酒を飲んで気持ちが高ぶってから…という傾向が大事ですよね。
笑いのツボが似ていて、緊張しなくていいお相手を虜にすることがベストだと思います。

■彼女にお金を出させないスマートな彼

毎回エッチするたびに安上がりな居酒屋へ行き、そのあと散らかった彼の部屋へ行くことは、めちゃめちゃやる気がなくなっていきます。
この時はセックス目的で会うわけだから、
極上の部屋で甘いHを堪能したいというのが女性の実際の望みです。
至福のディナーと気持ちが高揚するような空間を予約しデートの計画をしてくれるような、女性にお金を使う事を喜ぶ人を選ぶべきです。
言っておきますが、女性に支払いをさせる彼はHだけの女性を見つける資格なんてないですよ。
たとえお金を持っていても、財布を出さず金払いの悪い最低な男はものすごく多いので、男性を見極めることが大事です。

■とことん女を絶賛してくれる男の人

女として本当にお姫様気分になりたいと思います。
セックスだけの男だったら、あなた自身を優先的にもてなしてくれて、さらにがんがん褒めてくれる人を選びましょうね。
もしもプロポーズされている男性とトラブルがあっても、H目的の男で心配事を解消できます。
とにもかくにもあなたのことを気分よくさせてくれる人が大切ですよね。

■意外と調教のようなプレイをしたがるセフレの男

ローターを使いたい、欲求が抑えきれず屋外でエッチしてみたり、色んな方法でやりたいんだけど…
そんな要求を長年付き合っている男性に言うと幻滅されるかも。
本命とは違いセックスフレンドは割り切ってエッチだけでいいのでやってみたいセックスのスタイルを容認してくれます。
出会った時に「そういうふうに色んなパターンのプレイしてみたいよ」と気兼ねなく話すことができるセックスフレンドを探しましょう。
セックスフレンドと興味あることに挑戦して研究を重ねるのも楽しいと思います。
いかがですか?これらのように肝心なことは女子が開放的に、楽しめる生活をするために、
本人の心の中で仕事と生活の両立をうまくする必要があるんです。
そのためにもうまくエッチだけの彼を見つけておき、日常から女子である愛らしさを保つことです。