ぎゃくえんじょこうさい ぎゃくえんじょ

■意図的に彼の部屋以外でエッチ以外の体を動かすようなデートをしてみる

素直に自分自身が興味を持った男性と付き合いたいと思うのであるならば性的な行為を抜きでもそのデートは楽しいはずです。
心惹かれている人との関係について迷っているならあえてホテルで過ごすのではなく、二人で飲みに行ったり、スタンダードな付き合っているカップルがするようなありふれた青空デートを体を動かすことを楽しんでみましょう。
ごく普通のデートをしている中で自然に二人が恋人として関係を持っているのとなんら変わらないのではないか、というような空気が流れたら相手へのアピールを始めてみてください。
お互いと過ごす時間を心地よいと感じなかったら……気になったとしても彼とは肉体だけの関係として割り切った付き合い方をするのが一番かもしれません。

■もしかして特定の女いないのかしら?

どれだけその男性に好意を持っていてももう他にパートナーや本命の女性がいたらあなたの計画は元の木阿弥です。
彼のケータイをチェックするなり、直接彼に意中の人はいるの?と当たってみるなりして、別に女子の影が存在するかどうかちゃんと確認しましょう。
傷を負わされてからじゃ手遅れです!図らずも出来た傷は出来る限り浅いうちの方が乗り越えてゆけるものです。
ただのセフレとして関係を続けていくことが出来ていれば、知らず知らずのうちに彼の彼女としての座があなたにもいよいよ回ってくることだってあり得ます。
人間不信になるくらい深くトラウマを負って関係を断ってしまうより、受けたダメージが小さいうちに問題の彼とは持続的な気の置けない友人としての関係を継続した方が勝機をつかめます!
ついでに実際筆者が付き合っていたセフレは下半身のダラシナイ人で筆者以外に同時進行で付き合っていたセフレが3にはいたという浮気者でもあったため、
プレイボーイのこの人に恋という感情を持ってしまったら明らかに気持ちが傷つく!と心の奥底では思ったので、自分の全てで好きになってしまう前に問題の彼との関係を整理して終わらせました。
あまりにプレイボーイ過ぎる人に一途に想うことになってしまったら色々な意味でつらいですが、
そのプレイボーイ過ぎる彼と交際の確率はいつでも0%ではありません。
セックスフレンドが永続的なあなたの恋人になるよう心より願っています。