きょにゅうじゅくじょ さいと

長年にわたり「女」であり続けているとお互いのプライベートに踏み込まないセフレを探したい…なんて想像することは皆経験しているでしょう。
特別お付き合いしたいなどは両者とも期待しない事、寂しい時にHできる、厄介になる事は言うべきではない。
こんな感じの都合のいい関係。
実をいうと私自身最近まで長年、一緒にいた都合のいいセフレが存在しました。
それ以上求める事は両者とも言わないように心掛け、この人のそばにいると満足した。
将来の事で悩みがある時、つらい時頼ることができた男性でしたね。
当然エッチだけの関係の人とは一緒に居て飽きないかもと思うでしょう。
彼氏彼女の関係ではなく、単純にエッチするだけの相手。これは、必要以上に要求しないようにすることが必要ですね。
だけどね、ほとんどの女性というものは抱かれた男性にセフレ以上になりたいと思うケースがあるでしょう。
都合の良い相手に恋に落ちた、と受け入れる事はキツイでしょう。
それでも、心の中では本気になってしまった…このようなケースの女は少なからずいるでしょう。
でもね、ずっと欲求をみたしてくれる関係だった男の方と人生のパートナーとして恋愛を始めるということはかなり面倒だと感じるものです。
どうにかエッチするだけの相手とカップルになる手段はないのか、いくつか挙げてみますね。

■私たちはぴったりの相性だと思うんだ~

互いの関わりがカップルと変わらないと感じていたら、
「あなたと私ってめちゃめちゃ相性良いよね」「むしろなぜ付き合わなかったのか不思議と思わない?」というふうにそれとなく関係性について言及してみるのです。
相手の方も同様の事を考えていたら「じゃ俺と付き合ってみる?」という感じの返事がもらえるかもしれませんね。
注意点はにこにこしながらジョークのように言う事。この表現が大切ですよ。

■腹をくくって確認してみよう

単刀直入に「私ね、前々からあなたのこと特別な男性として意識してて、良いなって想っているんだけど私に対してどう考えている?」と聞いてみてもいいでしょう。
万が一彼があいまいな表情だった場合恋人関係になることは期待できません。
言った時の彼からの返答が好意的だとしたら軽く交際しよう?と言ってみると高確率で思い通りの結果になります。