がいじん らいん きゅーあーるけいじばん

■色恋の経験が多々あって、女の扱い方につかんでいる男の方

フェミニストとは、肉体関係にすべき男性の方の基礎です。
可能なら、恋愛体験がふんだんで、経験があること。
彼女の扱いに免疫のあって、その場で応対がすること。
そうして第一に、女の方の人格を敬意をあらわすことがするのが、肉体関係に適切な男子なのです。
こうなると、オトナの付き合いなのに、どういうわけでそのような精神的な要因が主要なのか?、と感じるかもしれません。
だが、肉体だけの交流だからこそ、そのような要素が大事なのです。
これがないと、間違いなく肉欲のみの関連になっていってしまう。
人はそれであっても本望ですが、婦人は本望的に、あちらでは結構ではありません。
その時に限っていても、自分自身を重要と扱ってくれる心優しさを、女性の方は人に要求するものです。

■テクニックのある人、そしてまた抱くことに対する欲求が多い男の人

セフレ関係として付き合いをするのですから、思った通り性愛行動の腕前は大切になるでしょう。
味わいふんだんなテクニックがある者というのが望みですが、
そうではない場合、例をいうと場数の深くない若い男の方でも、男女の営みに対する遊び心がたっぷりあることが、大切な条件になります。
例えると、そいつが見聞きの薄い年下の男の人でも、
交際している間に配偶者が絶えず手法をぴかぴかにしていければそれほどセフレ関係に適合な男性の方はいません。