がいこくじん さくらなし であいけい さいと

生まれてからこれまで「女」で生きていると自分の性欲を満たしてくれる相手が居ると満たされるのに…と思ったことは女性であれば誰しもあることですよね。
原則としてそれ以上の関係になることは両者ともに期待せず、寂しい時に抱いてくれて、わずらわしいことは口にしない。
そういう風に都合のいい間柄。
私自身数年前まで公にしていませんが体だけの都合のいい相手がおりました。
それ以上求める事を互いに言わないので、隣にいてとても満たされた。
人間関係の面で誰かに聞いてほしい時、心細くなった時ものすごく頼りになる方でした。
きっと欲求を満たしてくれる相手とは一緒に居て気がまぎれるかもしれないですよね。
特別な存在ではなく、たかだか性欲を満たしてくれる相手。こういったものは、関係が壊れることをしないという気持ちが大切です。
でも本当は、ほとんどの女性の心のうちでは体の関係になった男に対し特別な存在になりたいと思う場合も実は多いんですよ。
体だけの関係の相手に恋してしまった、それに気づかないようにするのはとても難しい事です。
だけれども、ある日突然本気になっていた…そういう経験をした人は少なからずいます。
ですが、長期間ずっと性欲を満たしてくれる関係だった男性と本格的にお付き合いするということはとても難しいと感じるでしょう。
なのでセックスするだけの相手と恋人関係になるにはどうアプローチしたらいいのかと考えてみましたよ。

■私とあなたってかなり相性抜群ですよね

これまでの距離感が交際中の男女と変わらないようでしたら
「私たちはすごく相性良いよね」「なぜこれまで付き合わなかったんだろう?」という感じで関係性について言及してみるのです。
相手もあなたと同じことを思っていると「じゃ付き合ってみる?」という感じの答えが返ってくるはずです。
ポイントは真顔ではなくふざけつつ口にすることが大切です。

■成り行き任せで聞いてみるパターン

真っ向勝負で「私前々からあなたのこと特別な男性として意識してて、良いなって思ってるんだけど私についてどういうふうに思う?」と聞いてみましょう。
万が一男性があいまいな表情だとすればこれ以上の発展は難しいかも。
ここで彼の反応が好意的だと笑顔でお付き合いしよ?と提案すると、だいたいは上手くいきますよ。