かんれき じゅくおんな いそぢ じゅくじょ

これまで「女」としてやってきた人はパートナーがいるいないに関係なくセフレが居たって構わないよね…と願ったことはみんなあることでしょう。
ルールとして私生活に関してを互いに求めるべきではない、寂しい時に寄り添ってくれて、この関係を壊すようなことは思っていても言わない。
そういう感じの性欲だけを満たしてくれるお相手。
私にもずっと共に過ごした体だけの相手がいたのです。
それ以上求める事は互いに口に出さず、その人と居るときは気が安らいだ。
仕事のトラブルでへこんだ時不安になった時頼りになる存在でしたね。
言わずもがなセックスフレンドという関係は一緒に居て楽ちんなのかもと思います。
妻・夫の関係ではなく、完全に体だけの関係。ですので、必要以上に要求しないような間柄を維持する大前提ですね。
だけど、大多数の女性の内心は体をゆるした男性に恋してしまうことも実際あるものです。
セックスするだけの男性のすべてを手に入れたいと思った、それを受け入れようとすることはかなりキツイと思います。
やっぱり、ある日突然恋してしまった…という体験をした奥さんは多いですよね。
ですが、長期間ずっとただのセックス相手、そう思っていた男性と改めて向き合うすごく厳しく感じます。
なんとかエッチするだけの相手が振り向いてくれるには何をしたらいいのか、いくつか挙げてみます。

■私たち二人って相性抜群だと思う

双方の関わりが彼氏彼女となんら変わらないのなら、
「私たちはめちゃめちゃ相性良いよね」「なぜこれまでお付き合いしなかったんだろうね?」というふうに関係性について言及してください。
相手もそのように思っているなら「じゃ俺と付き合ってみる?」なんて返答が返ってくるでしょう。
そしてにこにこしながら冗談のように言う事。この会話を忘れずに。

■腹を据えて質問する

ズバッと「私ね、ずっと前からあなたのことが私にとって特別な人で…良いなって思ってるの。あたしのことをどういう存在だと思う?」と聞いてみます。
そこで男性が微妙な表情だとしたらお付き合いすることは難しいです。
あくまでも彼のリアクションが好意的である場合冗談ぽく交際しよう?というセリフを言えばだいたいは成功しますよ。