かかおとーく ぽちゃ

■恋愛経験が多くて、女子のコントロールに慣れっこな男子

女を語る人というのは、大人の関係にすべき男の土台です。
可能な限り、色恋体験がうんとあり、場数を持っていること。
女性の方の扱いに耐性があって、瞬時の扱いが可能なこと。
そして何をおいても、女性の人の人格を感心することがするのが、性的な関係に妥当な男子なのです。
そういった、オトナの交友関係なのに、どうしてそのような精神的な要因が大事なのか?、と思われるかもしれない。
とはいえ、セックスだけの関連性だからこそ、このような要素が須要なのです。
それがなければ、まさに肉欲しかない結びつきにそうなってしまいます。
男はそうなっても喜べますが、女子の方は生得的に、これでは本望ではありません。
その場限定でも、己を大切に扱ってくれるしなやかさを、女性の方は男に期待するものなのです。

■技術がある人、でなけれは床入りに対する勉学が多々ある人

肉体関係として交際するのだから、思った通り性行為の技は大切になるでしょう。
キャリア豊潤なテクニックのある者というのが鑑ですが、
こうじゃない場合、例をいえば体験の浅はかな若い男でも、営みに対する志が多々あることが、不可欠な条件になります。
例を挙げれば、あの人が知験の高くない年下の男性の方でも、
恋人関係の間に協力者がずっと腕のほどを磨けばあれらほど怪しい関係に適切な人はいません。