かかおとーくけいじばん いめぷれ

セフレにした方が良い優れた男性とは、どういったイメージの人であれば失敗しないのでしょうか。
見た目の好みも実際には決まっているのかもしれませんが、
相手の性質によっては、長く付き合えるセフレの最高の男性と、オススメできない男性にわかれるのです。
それなら、どのようなところに留意して評価すれば納得できるのでしょうか。
これよりセフレにした方が良い異性の基準について纏めてみましたので、思案して頂きたいと思います。

■メンタルが成熟していて、仕事でもプライベートでも自分自身で判断できる異性

実際には明らかにセフレという取り決めでお付き合いしているのに、相手の方で心変わりして、
それ以上の関係をお願いされることが実状としては少ないとは言えません。
初回に、肉体関係のみとする、という約束を確実にしていても、そうなってしまうケースも増加しているそうです。
どんな理屈で、そうしたタイプの勘違いが後を絶たないのか。
どうしてかというと、あなたの選んだ異性が、基本的に成熟しているとはいえないからです。
逆の発想をすると、相性の良いセフレのパートナーとして重要な要点が、言動が未熟ではなくなった独立した男性であること、という点が見えてきます。
適度に頓着しない関係を作り上げて、そういう距離感を続行したいのであれば、
相手の方に、子供じみた言動があるとうまくいかないことが多いです。
そのうえ、振る舞いが大人で独立できているだけではなく、金銭面で自立できる状態なのかも、要点であると言えるのです。
具体的には、若いパートナーを、可愛さがあるという偏った価値観でセフレとしてつながると、
金銭的な世話を期待されてしまうことになる可能性がゼロではありません。
となると、限りなく交流を続けるというのはむずかしいはずです。