おふかい えすえぬえす

■愛の体験がたくさんあり、女子の方の取り扱いにこなれている男性の方

ナルシストというのは、下半身の関係にすべき男子の基礎の一つです。
できる限り、愛の経験がたくさんあり、経験を持っていること。
女子の扱いに把握していて、その場に応じて受け答えがする。
それで何をおいても、婦人の方の人格を感化することがするのが、セフレ関係に正しい男子なのです。
そういえば、人身だけの関係性なのに、どういう理由であのような精神的な事柄が主要なのか?、と感じるかもしれません。
だけど、秘密の続柄だからこそ、あんな要素が須要なのです。
あれらがないと、すっかりと肉欲しか続柄になっていってしまいます。
男性の方はだけれども喜べるが、女は先天的に、こちらでは満足できない。
その時に限っていても、我を大切にしてくれる優美さを、女の人は男性の方に望むものです。

■技術のある者、でなけれは性交渉に対する遊び心が豊富である男子の方

性的な関係として交際するのだから、やっぱり営みの手法は大切になるでしょう。
知験多量な技術がある者というのが本望ですが、
ああじゃない場合、一つ取り上げると体験の浅はかな若い男子の方でも、床入りに対する捜索心が十分なことが、必然条件になります。
一例を挙げると、相棒がキャリアの厚くない年下男児でも、
交友している間に伴侶が絶えず手法をぴかぴかにすればそれほど秘密の関係に合う男子の人はいません。