えろあぷり こうれいしゃ

■彼との付き合い方を迷っているならばあえて朝から外で性的行為抜きの青空デートをしてみる

紛れもなくその女子が意識し始めた男性と強く交際したいと心から思っているのであればセックスという行為をしなくても二人で過ごす時間は楽しいはずです。
意図して彼と外に出て出かけたり、平均的な交際している男女がするような月並みなお互いの感性を感じ合えるようなデートを味わってみましょう。
一緒に時間を過ごしている中で二人の間にお付き合いしているのとなんら違いはないじゃないか、というような空気が流れたら彼へのアタックを開始してみてください。
デートを全く楽しめなかったら……その彼とは肉体だけの関係として割り切った付き合いが一番かもしれません。

■ひょっとすると特定の彼女の存在はないかも?

その人に好きでたまらなくても、その彼に既にハニーやお目当ての女がいたらあなたの計画は元の木阿弥です。
彼のケータイをコッソリチェックするなり、飾ることなく彼に彼女はいるの?と質問してみるなりして、自分以外に女子の影が見えるか否かきちんと調べましょう。
傷を負わされてからじゃ手遅れです!心に負った傷は程度が浅いうちの方が踏ん切りをつけやすいです。
エッチのみのつかず離れずの関係性を続けていくことが出来ていれば、気づけば彼女に昇格するチャンスが待ち続けたあなたに将来的に回ってくることだって無きにしも非ずです。
ものすごく精神的にダメージを受けて彼をシャットアウトしてしまうより、そんなに傷つく前に問題の彼とは焦らずゆっくりとさばさばした関係を保ち続ける方があなたに勝算あり!
余聞ですがかなり昔に筆者がセフレであった人は当時筆者以外にエッチだけの関係の相手が日替わりで複数いるというものすごいプレイボーイでもあったため、
こんな生活を送っている人に恋という感情を持ってしまったら必ず心にダメージを受けてしまう!と本能的に感じるものがあったので、自分の全てで彼を好きになってしまう前に彼と決別することで不毛な関係にピリオドを打ちました。
非常に女性に手が早い人を恋愛感情を持ってしまったらいろいろとしんどいことばかりですが、
何時だって交際出来る楽観的な可能性は必ずしもあり得ないわけではありません。
セックスフレンドが永久不変の伴侶ととなるよう心の底から願っています!