えるあいえぬいーきゅーあーるけいじばん ぎゃくえん

■お酒を飲むことが大好きな男性

ウイスキーが好きじゃない男性とお酒を飲まずにデートをする予定になっていて、いつもいつもHだけするのはものすごくキツイですよね。
気が乗らなかったり、ネガティブな感情を感じたりと、あまり面白くなくなります。
本当は素敵なお店で一緒にワインを飲み気持ちよくなってから…という経緯が一番です。
一緒にいると楽しくて、ざっくばらんなお相手を選択してみる事がベストです。

■女性に対して、お金を使ってくれるスマートな彼

毎回体を重ねるたびにそこらへんの居酒屋へ入ったあと、掃除もされてない一人暮らしの彼の家へ行くことは、とてもやる気が薄れていきます。
その日はセックスするために会うんですから、
ロマンティックなロケーションでプレイを味わいたいというのが女性の本当の思いです。
優雅なお食事に加えリラックスできるロケーションを提供してくれるような、女性を喜ばせる事が上手な人を選んだ方がいいでしょう。
基本的に女性にお金を使わせる男性はセックスだけの女性を探すべきじゃないでしょう。
仮にお金持ちでも節約家で懐具合が悪い男性は数えきれないくらいいるので、男を見極めることが重要です。

■オーバーに女性をヨイショしてくれる男の人

女たるものせっかくなら美しいねと言われたいと感じます。
エッチ目的の相手だったら、女性を優先的に扱ってくれて、さらに毎回褒めてくれる人を選ぶべきです。
たとえば付き合っている本命の彼氏の浮気問題が発覚しても、体目的の男で満たされない気持ちを解消出来ると考えられます。
毎回女子が気分よく過ごせる人が一番ですよね。

■ちょっとだけ卑猥なプレイを求める男性

アダルトグッズを用いたい、いつもと違うオフィスで性行為してみたり、色んなシチュエーションでやりたいなぁ…
そんな欲求を長年付き合っている本命の男に話しちゃうと引いてしまうリスクがあります。
ただしセックスするだけの男性は割り切ってセックスができるのが目的なのでどんな要求も受け入れてもらいましょう。
出会ったときから「こんなふうにいろんなグッズを使ってプレイしてみたいんだ」とさらけだして要求できるセックスフレンドを探してみましょう。
体だけの男性と色んなプレイをやってみて経験を積むのも面白いと思います。
どうでした?このように一番重要なことは女性自身がリラックスできて、幸せいっぱいな生き方を送るために、
自分の心の中で育児と家庭のペース配分をする事です。
だからうまくセックスを楽しめる彼を見つけておき、いつも女の子らしい魅惑を保つといいです。