えすおとこ れずびあん

■恋の体験が多々あって、女の人のあしらい方に慣れた男子

ナルシストというのも、セフレ関係にすべき男性の方の基盤の一つです。
できることなら、色恋の経験が多々あって、体験があること。
女性の方の扱いに把握していて、一瞬でお構いが可能であること。
そうして第一に、女子の人格を大事にすることが可能というのが、一線を越えた仲にもってこいな男性の人なのです。
こういえば、身だけのかかわりなのに、なしてそうした精神的な素因が須要なのか?、と思うかもしれません。
だからと言って、性的なかかわりだからこそ、こんな要素が重要なのです。
こちらがないと、申し分なく肉欲だらけの関係性になってしまう。
男はあれでも喜べるが、婦人の方は本質的に、これでは満たされません。
その場に限っていても、私を重要と扱ってくれる優美さを、女性の方は人に望むものなのです。

■技術のある者、それか床入りに対する勉学がたっぷりある男の人

セフレ関係として恋人関係になるのですから、結局のところ性交の手さばきは必須になるでしょう。
試作うんとある技術がある人というのが希望ですが、
ああではない場合、一つ言えば芸の肥やしの狭い若い人でも、Hに対する欲求が多々あることが、必然条件になります。
例をいうと、その人が芸の肥やしの薄っぺらい年下の男の人でも、
恋人関係の間に友達がコツコツ腕前を磨いていければそれほど下半身の関係ににつく男児はいません。