えすえむぼしゅう しろうとおんな

■恋愛経験がたっぷりあり、女の取り扱い方に免疫がある男児

女権論者というのも、セフレ関係にすべき男の条件です。
可能なら、恋愛体験が豊かで、場数を経験していること。
女性の人の扱いにこなれ感があって、その場に応じて応対がすること。
そして何をおいても、女の人の人格を敬意をあらわすことが可能なことが、下半身の関係に妥当な男子の方なのです。
そういえば、身だけの関連なのに、なしてあんな精神的な要因が貴重なのか?、と感じるかもしれません。
それでもなお、オトナの関連だからこそ、ああした要素が重要なのです。
あれがないと、まさに肉欲ばかりしかない続柄にそうなってしまいます。
男子の方はだけども喜べますが、彼女は頭脳的に、これらでは喜べません。
その時限定でも、俺を大切にしてくれる親切さを、女性の人は男子に期待するものなのです。

■技術がある者、他に床入りに対する勉学が豊富である男子の人

大人の関係として交際するのですから、なんていっても性交渉の力は大事になるでしょう。
試しうんとあるテクニックがある者というのが欲求ですが、
ああでない場合、一つ取り上げると試しの厚くない若い男子でも、性交に対する追及心がたっぷりあることが、須要条件になります。
例えると、パートナーが味わいの薄い年下男でも、
交際する間に協力者がぐんぐん方法を磨き上げていってくれればそれらほどセックスフレンドに適切な男の人はいません。