うわき えるあいえぬいーあいでぃーけいじばん

■彼との付き合い方を迷っているならばあえて自分の部屋以外でエッチをしない二人で楽しめるお出かけデートをしてみる

純粋にあなた自身がその男性と付き合いたいと感じているのであれば性行為抜きでも二人で過ごす時間は楽しいはずです。
彼との距離を測りたいならば敢えて彼と外に出てテーマパークに行ったり、スタンダードな交際中の二人がするような月並みな体を動かすようなデートをして満喫してみましょう。
一緒に時間を過ごしている中で二人の間に彼氏彼女として付き合っているのと変わらないね、というような雰囲気になったら気になっている彼へのアピールを開始してみてください。
デートの時間が全くもって楽しめなかったら……いいなと感じていても彼とは肉体だけの関係として割り切った付き合いが適切なのかもしれません。

■ともすれば交際している彼女いないかも?

その男性にいくら心惹かれたとしても、とっくに付き合っている彼女や交際を意識している相手がいたらあなたの計画は無駄になります。
彼のケータイをチェックするなり、彼の一番仲の良い友達に彼に好意を持っている人はいるの?と当たってみるなりして、彼の周囲に他のそれっぽい女子の気配が存在するかどうかきちんと調べましょう。
気持ちが傷ついてからでは時すでに遅しです!心に負った傷はその程度が浅いうちの方が周りのサポートがあれば乗り越えられます。
束縛せずセフレとしてドライな関係性を続けていくことが出来ていれば、気がつけば彼女としての立場が満を持してあなたに順番として回ってくることだって可能性として無くはないです。
トラウマになる程深く傷を受けて彼をシャットアウトしてしまうより、ダメージの程度が浅いうちに気になって仕方がない彼とは焦らずゆっくりと友人関係を保ち続ける方が勝見込みはあります!
余談ではありますが私にも以前セフレがいました。関係を持ったセフレは下半身のダラシナイ人で筆者以外にお付き合いしていたセフレが3にはいたという好色漢だったので、
こんな人に好意を持ってしまったら必ず傷を負ってしまう!と心の奥底では働いたので、マジで彼を愛してしまう前に気持ちを鼓舞して彼との生産性のない関係に終了させました。
女性に見境がなさ過ぎる人を恋愛感情を抱いてしまったら精神的にもハードですが、
好きになってしまった人と交際するプロバビリティはいついかなる時でも無いとは言い切れません。
あなたとセックスフレンドが久遠の恋人であることを心から祈願しています!