いそぢ じゅくじょ えむこみゅ

■恋の体験が豊潤で、女子のあしらい方に免疫がある男性の方

女権論者というのも、一線を越えた仲にすべき男の原則の一つです。
できる限り、恋の体験が豊潤で、場数があること。
婦人の扱いにこなれていて、一瞬で取り扱いがすることができること。
そして何よりも、女性の方の人格を敬重することが可能なことが、一線を越えた仲に似つかわしい男の人なのです。
さも、性的な関係性なのに、何故にこういう精神的な素因が大事なのか?、と感じるかもしれない。
だけども、オトナの繋がりだからこそ、そんな要素が貴重なのです。
こちらがないと、全体に肉欲だけの結びつきになっていってしまうのです。
男性の方はそうであっても結構ですが、女は人間的に、そちらでは本望ではありません。
その場限りでも、俺を大切にしてくれるたおやかさを、彼女は男児に望むものなのです。

■技術のある者、あるいはHに対する気になる心が多量である男子

性的な関係として交友するのですから、なんていってもHの手さばきは須要になるでしょう。
芸の肥やし豊かな技術がある者というのが模範ですが、
そうでないとき、一つ取り上げると試しの広くない若い男性の人でも、交わりに対する勉学が豊潤なことが、肝要条件になります。
一例を挙げれば、パートナーが味わいの浅はかな年下男でも、
交際する間に仲間がずっと技法を磨き上げればそれほどまで秘密の関係に適切な男の人はいません。