いえで せっくすぼしゅう

■企画して屋外でエッチ以外の体を動かすようなデートをしてみる

心の底から迷っているあなたが気になり始めた男性とお付き合いしたいと心奪われているのであればセックスが無くてもそのデートは楽しいはずです。
今の彼との付き合いをどちらにしたいか迷ったら敢えて家から出て外にスポーツやアウトドアレジャーを楽しんだり、世間一般の付き合っている男女がするような何の変哲のない青空デートをエンジョイしてみましょう。
一緒に時間を過ごしている中でこれでは恋人として関係を持っているのと違いがないのではないか、といようなムードになってきたら意中の相手へのアピールをどんどん進めてください。
お互いと過ごす時間を心地よいと感じなかったら……その男性とは体だけの関係として付き合っていくのが適切かも。

■もしかすると交際している彼女いないかも?

その彼にいくら心惹かれたとしても、彼に交際している彼女や狙っている女がいたら計画は水の泡です。
ガラケーをコッソリ見るなり、飾ることなく彼に想い人はいるの?と当たってみるなりして、他の女子の影が見え隠れしていないかリサーチしましょう。
ダメージを受けてからじゃなす術なしです!心に負った傷はその程度が浅いうちの方が気持ちを早く切り替えられます。
セフレとしての一定の距離感を保ちつつ関係を保ち続けていれば、気がつくと彼女としての立ち位置が待ち続けたあなたに順番として回ってくることだって無いとはいえません。
恋なんて二度とごめんだと思うほど深く精神的に傷つけられてその人から離れてしまうよりも、ダメージが小さいうちに好きになった彼と程々の距離感で関係を続行する方があたなが勝つ見込みは高い!
話しは少しそれますが筆者である私のそのセフレは下半身のダラシナイ人で筆者以外にセックスフレンドが常に3人いるという好色漢だったので、
こんな生活を送っている人にこのまま恋したら確実に傷つけられる!と気持ちのどこかで感じていたからか、100%本気で彼のことを愛してしまう前に彼と別れる事で先の見えない関係に終止符を打ちました。
女性との噂が絶えない人に恋愛感情を抱いてしまったらかなりしんどいですが、
そういう人との交際のプロバビリティはいつでも無いわけではないのです。
ただのセフレが永遠に続くパートナーとなるよう恋愛の神様にお祈りしています!